Coin Age(コインエイジ)とは?

ビットコインを保有している期間を示す指標が、Coin Age(コインエイジ)です。

コインエイジは、ビットコインの取引に関する優先度をはかるものとして重要で、さまざまな場面において使用されています。

それぞれが保有しているビットコインの単価と、その保有日数を乗じることで、簡単にコインエイジを算出することができます。例えば、10BTCを5日間所有している場合は、50のコインエイジを保有しているということを示します。

コインエイジの値が高ければ高いほど、プライオリティな認証が実施されるということとなり、なおかつ保有しているコインエイジが多ければ、より多くのビットコインを採掘できるという観点からも、きわめて重要な指標となります。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
0承認
ビットコイン用語集
ビットコインの取引の状態が、どこのブロックにおいても所属状態にない場合を、「0承認」といいます。 この0承認の状態に関しては、取引上のトラブ...