ブロックチェーンの分岐(フォーク)とは?

ビットコインにおいては、システムの中で取引の数や利用価値をシステムが自動的に計算し、既存の処理に付け加えるという方法で、その価値が設定されます。

この処理一つ一つはブロックと呼ばれ、処理の塊はブロックチェーンと呼ばれます。

そのブロックを発生する過程で、異なる複数のブロックが同一システム内で発生したり、悪意のある利用者が不正なブロックを生成する情報を入力したりして混乱させる場合があり、この際には、価値を計算するブロックチェーンが複数出来ることになります。

これをブロックチェーンの分岐と言います。

ブロックチェーンはビットコインの報酬を決める重要な要素であり、そのブロックチェーンが長いほど報酬が高くなります。

ブロックチェーンの分岐が発生した場合に、長い方にさらにブロックが追加されることになり、最終的には人気の無いブロックチェーンは無くなり報酬が無くなることになります。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
エスクロー
ビットコイン用語集
エスクローとは、取引の際に第三者が間に入って、安全性を保証するものとなります。 何かの売買を行う時にお金を支払ったのに、商品が届けられなかっ...
デジタル署名
ビットコイン用語集
ビットコインは、デジタル署名を利用しています。 これには、秘密鍵の作成、署名生成、署名検証という三つの流れがあります。 ビットコインにおいて...