ビットコインの発行量とは?

ビットコインは、マイニングを行った人に対して、報酬として支払われる際に新規発行されます。

マイニングとは、取引の整合性を有志がチェックすることで、その報酬として新規発行されたビットコインが支払われることとなります。

ビットコインが新規に発行されるのは、このマイニングの報酬として支払われる場合のみです。

そして、その発行量には限度があります。

2100万BTCがその上限です。現在、この上限に達するのは2140年ごろといわれていますので、当分はゼロになりません。

このように上限を定めている理由は、ビットコインの希少性を保つためです。発行量が際限ないとなれば、インフレを起こしてしまいますが、制限されていればそれを防ぐことができます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
Coin Age(コインエイジ)とは?
ビットコイン用語集
ビットコインを保有している期間を示す指標が、Coin Age(コインエイジ)です。 コインエイジは、ビットコインの取引に関する優先度をはかる...
ビットコインホワイトペーパー
ビットコイン用語集
ビットコインホワイトペーパーとは、Satoshi Nakamotoと名乗る人物により発表された、ビットコインに関する大まかな仕組みが書かれた...