採掘(マイニング)とは?

ビットコインにおける採掘(マイニング)とは、取引の承認作業のことです。

ビットコインの取引を行う際には、正当な取引が行われているということを確かめるために、承認作業がかならず必要となります。

その承認作業は人の手で行われており、この作業を行うことを採掘と呼びます。

具体的には、送金の金額が所持している金額を超えていないか、そのビットコインの正当な保有者であるか、二重に支払いを行っていないかなどをチェックします。

採掘によりビットコイン取引の安定なシステムを供給し続けることが可能になるため、採掘を行った人にはその対価としてビットコインが支払われます。

この採掘は、インターネット環境にあるパソコンを所持していれば誰でも行うことができます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ハッシュとは?
ビットコイン用語集
ハッシュとは、あるデータを変換して出された値です。 これは、一方向のみしか計算をすることができず、元に戻すことはできません。 また、一文字で...
採掘者(マイナー)とは?
ビットコイン用語集
採掘を行う人のことを採掘者(マイナー)と呼びます。 ビットコインの理論が提唱された最初期においては、自宅の個人用パソコンで採掘を行うケースも...