二重支払いとは?

ビットコインは、秘密鍵を持っている人が署名しないと利用できないので、取引の安全性は保たれています。

しかし、秘密鍵を持っている人は二重に取引をすることができてしまいます。それが、二重支払いです。

もちろん、その不正を行えないように、対策はあります。

ビットコインでは、ブロックチェーンやルーフ・オブ・ワークなどの方法を用いて、この二重払いを防ぐ仕組みを持っています。

これによって、ブロックに含まれた取引のみを正しいと認識するようにし、そのブロックの作成者が正しいかどうかを認証する仕組みが生まれ、二重払いを防ぐような仕組みを構築しています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
採掘(マイニング)とは?
ビットコイン用語集
ビットコインにおける採掘(マイニング)とは、取引の承認作業のことです。 ビットコインの取引を行う際には、正当な取引が行われているということを...
ノード
ビットコイン用語集
ノードというのは「結節点」というような意味ですが、コンピューターの世界では、例えば個々の端末はもちろんのこと、サーバーなど、データがその場所...