ナンスとは?

ナンスとはノンスと発音されることもありますが、英語ではnonceと記載されます。

これはnumber used once、つまり一度だけ使われる数字ということです。不正取引を防止するための暗号のようなものです。

例えばビットコインでは、その取引を誰かが予め保証・承認してくれるわけではありません。

銀行振り込みであれば、当然その銀行が振り込みを保証・承認してくれるのですが、ビットコインでは銀行のような機関は存在しないからです。

代わりに、すべての取引には、このナンスが付加された上で公開されています。

そして、このナンスをコンピューターを駆使して見つけた人が、その取引は間違いないという承認者となるのです。代わりに、ナンスを見つけた人は、ある程度のビットコインという報酬が得られる仕組みです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
公開鍵とは?
ビットコイン用語集
公開鍵とはビットコインに限らず、インターネット上で広く用いられている暗号化の手段です。 これは、かけることだけができる鍵を持って暗号化をして...