ビットコインのスパムとは?

スパムとはビットコインの用語のひとつで、ストレステストと言われるような、大量の小さなトランザクションのことを意味しています。

トランザクションは、複数の支払元と支払先によって構成されている取引の事なので、一般的な意味でのスパムのように、悪質な悪意のあるものとは限らないと言うところが大きな特徴です。

そのため、基本的には、ビットコインのネットワークから、不当な利益を得ることができないかどうかをチェックするストレステストなどに利用されることが多く、テストの結果は、ビットコインの品質向上に役立てられる事があるなど、重要な意味を持っています。

ただし、場合によっては悪質なものが紛れ込んでいる可能性もあるので、その点は注意されるものとされています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
TxOutとは?
ビットコイン用語集
TxOutは、ネット上の仮想通貨であるビットコインでの取引における、「出金」を意味する用語です。 ビットコインは、流通経路がわかるよう、全て...
0承認
ビットコイン用語集
ビットコインの取引の状態が、どこのブロックにおいても所属状態にない場合を、「0承認」といいます。 この0承認の状態に関しては、取引上のトラブ...