マイニングプールとは?

ビットコインの理念が提唱されたばかりの頃は、個人での採掘も可能でしたが、現在はその作業を個人で行うことは、ほぼ不可能であるという結論に達しています。

そのために、マイニングプールという概念が定着しています。

「マイニング作業を共同で実施する」ことをマイニングプールと言い、多くの参加者で作業を分担し合うことで報酬を得ることと目的としています。

もちろん多くの人数のパワーで作業を進めていくことになりますので、個人に分配される報酬に関しては低い値となります。

しかし、そのような状況にあっても、マイニングプールによって採掘が成功することで、参加者が十分な利益を確定させることが可能であるという観点から、現在では組織的なマイニングがほとんどとなっています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
採掘難易度(ディフィカルティー)とは?
ビットコイン用語集
デフィカルティーは、ビットコインの「採掘難易度」のことを示す用語です。 マイニングによって、ブロック生成を行う難しさのことであり、ブロックに...