P2SHとは?

P2SHとは、「Pay To Script Hash」の略号です。

ビットコインを誰かに送るときには、送る方と送られる方が確実に受け渡しをする必要があります。

もちろん、これはビットコイン以外でも同様で、誰かが勝手になりすましをしていたり、別のところに送ってしまうようなことが発生するような仕組みでは、誰もビットコインを使って送金しようとは思わなくなってしまいます。

これを防ぐための仕組みの一つが、P2SHです。

ビットコインでは、まずは送られる側がハッシュという仕組みを使ってあるアドレスを作成し、そこに送ってもらうように送る側に指定します。送る側はそのアドレスに送るという仕組みです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ナンスとは?
ビットコイン用語集
ナンスとはノンスと発音されることもありますが、英語ではnonceと記載されます。 これはnumber used once、つまり一度だけ使わ...
chainFlyer
ビットコイン用語集
chainFlyerは、ビットコインの取引を可視化するツールのことです。 ビットコインは、どこかの国の政府や、銀行などがその取引を管理したり...