RIPEMD-160とは?

RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそこまで高くないのですが、アドレスなど、短いハッシュが必要である場合に用いられる事があります。

その際には、最初にSHA-256を使用して、もう1回RIPEMD-160を適応して対応します。

RIPEMD-160などのハッシュのメリットは、GPUで計算する事に向いていると言う点で、これらを使用することによって普通のPCでも発掘しやすいように工夫する事が出来るようになっています。

ただし、ビットコイン内では、上記で述べたようにRIPEMD-160の使用頻度はそこまで高くないため、基本的に使用されているのは、SHA-256を2回適用したものだとされています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ノード
ビットコイン用語集
ノードというのは「結節点」というような意味ですが、コンピューターの世界では、例えば個々の端末はもちろんのこと、サーバーなど、データがその場所...
Block Heightとは?
ビットコイン用語集
Block Heightとはブロックの高さと言う意味で、ビットコインの用語のひとつとして使用されています。 ジェネシスブロックというものを0...