ハッシュとは?

ハッシュとは、あるデータを変換して出された値です。

これは、一方向のみしか計算をすることができず、元に戻すことはできません。

また、一文字でも違うと違ったデータとなるため、元のデータを推測できないようにしています。

そして、このハッシュ値を得るための計算式はハッシュ関数と呼ばれます。

暗号との違いは、暗号は元のデータの復元は可能なことに比べて、ハッシュはそれができないことです。これは、データ通信の高速化などのため、情報漏えいを防ぐために用いられます

ビットコインにおいては、ブロックとブロックをつないでいるチェーンなどにこのハッシュ値が使用されています。これは一つでも連続性を失うと、あとの取引は無効となることで、改ざんを防いでいます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
ASICとは?
ビットコイン用語集
ASICは、電子部品の種別の一つで特定用途向けに複数の機能を持った回路を1つの集積回路にまとめたものです。 仮想通貨のビットコインの世界には...