ビザンチン将軍問題とは?

ビザンチン将軍問題とは、複数のコンピュータ等が通信しあう際に、何らかの原因で偽の情報が伝わる可能性がある場合に、全体として正しい合意を形成できるかを問う問題です。

ビザンチン帝国で、何人かの将軍が軍を率いてある都市を囲んでおり、互いに使者を送って、攻撃するか撤退するかについて結論を出したいと考えているときに、将軍の中に偽の情報を流す者がいても正しい合意が形成できるか、というのが定義になっています。

ビザンチン将軍問題が発生しても正しく動作するシステムを、ビザンチン・フォールトトレランス性があるといい、その応用例として電子マネーシステムのビットコインがあります。

ビットコインは仲介者なしに、ユーザー間で直接取引を行います。悪意のある攻撃者が取引履歴を書き換えようとしても困難になるよう、ビットコインはプルーフ・オブ・ワークという考え方に基づいて堅牢性を保っています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ECDSAとは?
ビットコイン用語集
ECDSAとは、Eclipse Curve Digital Signature Algorithmの略号で、楕円曲線デジタル署名処理と訳され...
採掘者(マイナー)とは?
ビットコイン用語集
採掘を行う人のことを採掘者(マイナー)と呼びます。 ビットコインの理論が提唱された最初期においては、自宅の個人用パソコンで採掘を行うケースも...