51%攻撃

「51%攻撃」とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の弱点とされています。

これは仮想通貨の取引が、簡単に言うと多数決によって成立しているからです。

もしも悪意を持った人またはグループが、ネットワーク全体のハッシュレート(採掘速度)の半数以上(51%以上)を支配することができたなら、仮想通貨のレートを自在に操ることができるのです。

しかしながら、現実的に、まず51%以上のハッシュレートを確保することには、非常にコストがかかります。

また、安全性が確保されていないとみなされて、ビットコインの価値が下がってしまうため、51%攻撃を行っても利益が得られることはないでしょう。そ

のため、現実的な脅威としてみる必要は、それほどないと言えます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
二重支払いとは?
ビットコイン用語集
ビットコインは、秘密鍵を持っている人が署名しないと利用できないので、取引の安全性は保たれています。 しかし、秘密鍵を持っている人は二重に取引...
リレー取引
ビットコイン用語集
ビットコインにおける「リレー取引」とは、ビットコインの支払いに関する情報処理(トランザクション)が、それを受け取る人に加えて、関係する全ての...