Base58

ビットコインは送金や決済を行う際のセキュリティレベルを維持する為に、バイナリ変換方式によるランダムな文字列を生成し、それをアドレスとしてやり取りを行っています。

その際、ビットコインではWebのURL等で活用されているBase64のエンコードでは無く、Base58が使用されるという特徴があります。

Base58では文字通り、58文字の範囲内でエンコードを完成させるもので、Base64から6文字省かれています。

省かれている文字はフォント等の設定によって誤認を起し易い文字であり、決済性のあるビットコインにおいて誤認が大きなトラブルに繋がる可能性がある為に、未然の防止策としてこのような措置が取られています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
SPVとは?
ビットコイン用語集
SPVとはSimplified Payment Verificationのことで、日本語に訳すと「簡略化された支払いの検証」というような意味...
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...