chainFlyer

chainFlyerは、ビットコインの取引を可視化するツールのことです。

ビットコインは、どこかの国の政府や、銀行などがその取引を管理したり保証したりしてくれているわけではありません。

ごく簡単にいうと、そのような機関が管理する代わりに、全ての取引はオープンにして、しかもビットコインの参加者であれば、世界中の誰もがその取引を検証できるようにすることで、その信頼性を保証しましょうという仕組みなのです。

この検証を行おうとすると、それなりの専門的な知識も必要になりますが、単にビットコインによって現在どれくらい活発に取引が行われているかを見るだけでも楽しいものです。

chainFlyerを使えばそれを楽しく見ることができます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
SPVとは?
ビットコイン用語集
SPVとはSimplified Payment Verificationのことで、日本語に訳すと「簡略化された支払いの検証」というような意味...
ASICとは?
ビットコイン用語集
ASICは、電子部品の種別の一つで特定用途向けに複数の機能を持った回路を1つの集積回路にまとめたものです。 仮想通貨のビットコインの世界には...