ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?

ビットフライヤーのbitFlyer Lightning(証拠金取引)に、「トレード損益」という項目がありますが、こちらがポジションを持ってない時にも動く、という現象があります。

結論から言うと、「日またぎ」で建玉を決済した時には、このような状態が出る、ということですね。

仕様の問題、ということです。

なので、建玉が決済済であれば、なんの問題もなく、純資産額どおりの金額になっていると見て良いので、心配ありません。

(分かりづらいので、改善されると良いんですけどね。笑)

参考になりましたら幸いです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
採掘者(マイナー)とは?
ビットコイン用語集
採掘を行う人のことを採掘者(マイナー)と呼びます。 ビットコインの理論が提唱された最初期においては、自宅の個人用パソコンで採掘を行うケースも...
Testnetとは?
ビットコイン用語集
ビットコインの運用を開始するとき、開発中のコードで本物のビットコインを使用すると、全額を失う恐れがあります。 そこでテスト用のネットワークを...