mBTC

mBTCとはミリビットコインの略で、千分の一単位のことです。

BTCそのものがもちろん基本単位ではあるのですが、個人的な取引においてはかなり大きなお金になります。

例えば、日本円に対するBTCの価値は、現在の所、数万円から10万円レベルのお金になります。

こうなるとより少額の取引、利用をする人もかなり多いでしょう。

そのために作られたより小さい単位がmBTCです。

日本でもかつては銭という単位があり、円の百分の一であったように、mBTCはBTCの千分の一を示す補助通貨単位ということになります。

ちなみに百万分の一を示すμBTC(マイクロビットコイン)という用語もあります。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
二重支払いとは?
ビットコイン用語集
ビットコインは、秘密鍵を持っている人が署名しないと利用できないので、取引の安全性は保たれています。 しかし、秘密鍵を持っている人は二重に取引...
CPFPとは?
ビットコイン用語集
CPFPとは、Childs Pays For Parentの略号です。 ビットコインの取引は、ノード上の誰かによって承認してもらう必要がある...