ペーパーウォレット

ビットコインを利用するためにはウォレットが必要となります。

QRコードで取引情報をやり取りして、ビットコインの送付や受領を行うことが一般的ですが、ペーパーウォレットという形態も存在しています。

通常のインターネット上での取引と比較すると、ペーパーウォレットにおいてはセキュリティの観点からやや心配がありますが、紙媒体という取り扱いの容易さ、可搬性の高さなどの優れたメリットが存在していますので、ビットコインの普及が徐々に浸透している現在においては、各種イベントでの配布などという形で利用されています。

また、物理的に暗号が流出する可能性がありますが、インターネット上でのハッキングとは無縁であるという観点で、セキュリティに優れているという見方もできるのです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
公開鍵とは?
ビットコイン用語集
公開鍵とはビットコインに限らず、インターネット上で広く用いられている暗号化の手段です。 これは、かけることだけができる鍵を持って暗号化をして...