SHA-256

SHA-256とは、ハッシュ値を作成するための関数の一つです。

256と書かれているとおり、256ビットのハッシュ値を作成することができます。

ハッシュ値というのは、元のデータ、数字から何らかの操作手順を施すことにより別のデータ、数字を作成することを指します。

そして出来上がったデータ、数字がハッシュ値ということです。

一般的に、ハッシュ値は元のデータとは全く違ったものになりますし、元のデータが同じであれば何回繰り返しても同じハッシュ値が得られるようになっています。

これは暗号化技術として用いられることが多いものです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
公開鍵とは?
ビットコイン用語集
公開鍵とはビットコインに限らず、インターネット上で広く用いられている暗号化の手段です。 これは、かけることだけができる鍵を持って暗号化をして...
chainFlyer
ビットコイン用語集
chainFlyerは、ビットコインの取引を可視化するツールのことです。 ビットコインは、どこかの国の政府や、銀行などがその取引を管理したり...