TxIn

TxInとは「Transaction Input」の略号で、ビットコインの取引で用いられる用語です。

逆はTransaction Outputであり、TxOutとなります。

ビットコインによる取引は、実は全て記録されており、しかもそれらは全て公開されているのですが、その取引における入金の操作を示すものがTxInとなります。

ビットコインにおいては、入金されたものは、そのままでは使用できません。

本当に正しい取引かどうかの確認が必要になるからで、その入金が正しいものであるかどうかを検証されて始めて使えるようになるのです。

言い換えれば、TxInに記録された取引は、全て検証を経て初めて、その口座の人が自分のお金として使えるようになるということです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ビットコインのスパムとは?
ビットコイン用語集
スパムとはビットコインの用語のひとつで、ストレステストと言われるような、大量の小さなトランザクションのことを意味しています。 トランザクショ...
P2SHとは?
ビットコイン用語集
P2SHとは、「Pay To Script Hash」の略号です。 ビットコインを誰かに送るときには、送る方と送られる方が確実に受け渡しをす...