暗号通貨

広義な意味では、電子マネーも暗号通貨の範疇にあります。

これからのインターネットの普及に伴い、そして、リアル店舗でも現金を介さない売買の兆しが見えてきた現実があります。

そもそも、銀行などにお金を預けた場合においても、預金高は数字の上で計算されるので、この時点で仮想通貨になっていると言ってよいでしょう。

ビットコインは、その中でも電子マネー普及の予感の第1位になる概念になりつつあります。

ブルーフ・オブ・ワークシステムの構築により、2重払い、悪意のある架空のポイント使用などを管理するシステムが整っており、世界的な通貨になる可能性を秘めているのが、ビットコインの大きな利点となります。

暗号通貨で管理されているビットコインの普及は拡散しつつあるのです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
Coin Age(コインエイジ)とは?
ビットコイン用語集
ビットコインを保有している期間を示す指標が、Coin Age(コインエイジ)です。 コインエイジは、ビットコインの取引に関する優先度をはかる...
51%攻撃
ビットコイン用語集
「51%攻撃」とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の弱点とされています。 これは仮想通貨の取引が、簡単に言うと多数決によって成立している...