ウェブウォレット

ビットコインのような仮想通貨を保有するためには、ウェブ上の財布とも言えるウェブウォレットを用意する必要があります。

ウェブウォレットはその名の通り、ウェブ上に通貨を保管するためのシステムです。

ビットコインを保有する場合、ウェブウォレットを管理するプロバイダーによって、財産も管理されることになります。

現実の銀行に似た管理システムで、インターネットバンキングをイメージすると理解しやすくなります。

ウェブウォレットのメリットは、手軽に作成できることにあります。しかし、銀行にあたるプロバイダーに何らかの攻撃が行われた場合、財産が損失してしまう危険性を伴います。

金庫の鍵にあたるのが暗証番号で、自分でしっかりと管理することが大切です。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
BIP
ビットコイン用語集
ビットコインにおけるBIPは、取引における膨大なデータに不正がないかをを処理するのに莫大な時間がかかるために、開発されたシステムです。 ビッ...
0承認
ビットコイン用語集
ビットコインの取引の状態が、どこのブロックにおいても所属状態にない場合を、「0承認」といいます。 この0承認の状態に関しては、取引上のトラブ...