エスクロー

エスクローとは、取引の際に第三者が間に入って、安全性を保証するものとなります。

何かの売買を行う時にお金を支払ったのに、商品が届けられなかったということが起こることは珍しいものではありません。

エスクローを利用すると、最初に仲介業者に対してお金を払い、入金が確認できれば売り手は商品を発送します。

買い手側が商品を受け取れば受取の連絡をして、売り手に入金がされるという仕組みです。

商品が届かなかったりした場合には、仲介業者から返金を受けられるので、取り込み詐欺などを避けることができるのです。

ビットコインでは第三者を介入させることなく、当事者間でエスクローを利用することができるので、非常に利便性の高い仮想通貨となっています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
リレー取引
ビットコイン用語集
ビットコインにおける「リレー取引」とは、ビットコインの支払いに関する情報処理(トランザクション)が、それを受け取る人に加えて、関係する全ての...
デジタル署名
ビットコイン用語集
ビットコインは、デジタル署名を利用しています。 これには、秘密鍵の作成、署名生成、署名検証という三つの流れがあります。 ビットコインにおいて...