価値記録

価値記録とは、ビットコイン等の仮想通貨を定義するために用いられる用語で、意味は仮想通貨とほぼ同じです。

ビットコインのように電磁的に価値を記録する財産は、日本において仮想通貨という名称で呼ばれます。

しかし、海外では暗号通貨や価値記録などの名称で呼ばれ、仮想通貨という言葉はほとんど使われていません。

ビットコインのような価値記録は、現物が存在しないウェブ上の通貨です。現実の通貨や電子マネーと違うのは、発行元や管理者などといった組織が存在せず、需要と供給により価値が変化することにあります。

価値記録は、ブロックチェーンによって取引の記録が行われ、管理はユーザー全体が行います。そのため、セキュリティについては、保有者それぞれが高い意識を持つことが大切です。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
ノード
ビットコイン用語集
ノードというのは「結節点」というような意味ですが、コンピューターの世界では、例えば個々の端末はもちろんのこと、サーバーなど、データがその場所...
0承認
ビットコイン用語集
ビットコインの取引の状態が、どこのブロックにおいても所属状態にない場合を、「0承認」といいます。 この0承認の状態に関しては、取引上のトラブ...