デジタル署名

ビットコインは、デジタル署名を利用しています。

これには、秘密鍵の作成署名生成署名検証という三つの流れがあります。

ビットコインにおいては、公開鍵と秘密鍵の作成、データと送信先アドレスを関連付けたデータを署名して送信、送信者の公開鍵を利用してその署名が正しいかを検証するという過程をたどります。

そして、これはネットワーク全体で一致していることが求められますので、それが不正利用を防ぐことにつながります。

だれもこの秘密鍵を推測することはできませんので、不正利用をすることはできません。

このように、ビットコインは電子署名の連鎖で整合性を保ち、取引の安全性を保っています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
二重支払いとは?
ビットコイン用語集
ビットコインは、秘密鍵を持っている人が署名しないと利用できないので、取引の安全性は保たれています。 しかし、秘密鍵を持っている人は二重に取引...
SPVとは?
ビットコイン用語集
SPVとはSimplified Payment Verificationのことで、日本語に訳すと「簡略化された支払いの検証」というような意味...