0承認

ビットコインの取引の状態が、どこのブロックにおいても所属状態にない場合を、「0承認」といいます。

この0承認の状態に関しては、取引上のトラブルに関して高いリスクを抱えておりますので注意が必要です。

一般的に、通常の取引を0承認で受け入れたという場合においては、いわゆる「二重払い」の状態になっている可能性が発生しています。

二重払いの状態になってしまうと、その後の承認は不可能となり大きな損失に繋がります。0承認の状態で送信されてきたビットコインには要注意と言えるでしょう。

基本的には、0承認の状態で送付されてきたビットコインは、承認を得るという段階を経てからでないと信用状態にあると判断しないほうがベターです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
公開鍵とは?
ビットコイン用語集
公開鍵とはビットコインに限らず、インターネット上で広く用いられている暗号化の手段です。 これは、かけることだけができる鍵を持って暗号化をして...