ノード

ノードというのは「結節点」というような意味ですが、コンピューターの世界では、例えば個々の端末はもちろんのこと、サーバーなど、データがその場所で集約されるポイントのことを指します。

逆に、ネットワークのケーブル上はノードではありません。

ビットコインを例に取りますと、この場合は個々に取引をするような人は、全てノードに当たります。

ビットコインを理解する際に重要なのが、全ての取引はオープンにされ、検証されるというものがあり、これが既存の銀行取引システムとは根本的に異なるところですが、それは、このノードに対して取引がオープンにされ、世界中のノードによって、取引が確認されたり検証されたりしているということでもあるのです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
Bitcoin XT
ビットコイン用語集
Bitcoin XTというのは、ビットコインのいわば拡張版として提案されているものです。 ごく簡単に言えば、ビットコインでは、単位時間当たり...