ノード

ノードというのは「結節点」というような意味ですが、コンピューターの世界では、例えば個々の端末はもちろんのこと、サーバーなど、データがその場所で集約されるポイントのことを指します。

逆に、ネットワークのケーブル上はノードではありません。

ビットコインを例に取りますと、この場合は個々に取引をするような人は、全てノードに当たります。

ビットコインを理解する際に重要なのが、全ての取引はオープンにされ、検証されるというものがあり、これが既存の銀行取引システムとは根本的に異なるところですが、それは、このノードに対して取引がオープンにされ、世界中のノードによって、取引が確認されたり検証されたりしているということでもあるのです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
マイニングプールとは?
ビットコイン用語集
ビットコインの理念が提唱されたばかりの頃は、個人での採掘も可能でしたが、現在はその作業を個人で行うことは、ほぼ不可能であるという結論に達して...
ASICとは?
ビットコイン用語集
ASICは、電子部品の種別の一つで特定用途向けに複数の機能を持った回路を1つの集積回路にまとめたものです。 仮想通貨のビットコインの世界には...