ビットコインアドレス

ビットコインアドレスとは、ビットコインを利用するときの「口座番号」のようなものとなります。

これがなければビットコインをやり取りすることが出来ないので、利用をしようと思ったときには、まずはここから始めることになるのです。

作成後は、普通の銀行の口座と同じように使うことができ、相手に送金をしたいときには自身の持っている口座から送金をすることが出来ますし、逆に送金を受けたいというときには、相手にビットコインアドレスを通知して、そこに送金をしてもらうようにします。

27-34文字の英数字で表されているものとなっていて、標準的なものとしては1から始まり、より安全性の高いものは3から始まっています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
P2P(ピアツーピア)とは?
ビットコイン用語集
ビットコインは、中央銀行のように、その取引を管理する機関が存在するわけではありません。 どうやって整合性を保っているのかというと、ネットワー...