リレー取引

ビットコインにおける「リレー取引」とは、ビットコインの支払いに関する情報処理(トランザクション)が、それを受け取る人に加えて、関係する全ての人に送信される取引のことを指します。

このトランザクション処理は、データベースに不都合が発生しないよう厳密な設計がなされており、一貫した状態を維持するものとされています。
なお、ネットワークに関係する技術上の制約によって、取引においては中央サーバを経由し、それを媒介することによって実行する方法と、次々とデータを送信していくリレー方式の取引が存在します。

ビットコインのサービスの停止が起こりにくい「リレー方式」の取引は、寸断によるロスの発生リスクが低いために、多くの利用者から支持されています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
bitWire
ビットコイン用語集
bitWireとは、ビットコインアドレスではなく、メールアドレスにて自身と対象者を指定し、ビットコインを送金する為のシステムの事です。 任意...
ビットコイン監査ツール
ビットコイン用語集
ビットコイン監査ツールとは、日本国内のビットコイン取引所であるbitFlyerが提供しているツール、chainFlyerの一機能です。 これ...