BIP

ビットコインにおけるBIPは、取引における膨大なデータに不正がないかをを処理するのに莫大な時間がかかるために、開発されたシステムです。

ビットコインを手にするには、採掘という方法があり、それを行う人をマイナーと呼びます。

採掘するのには、ハッシュと呼ばれるソフトを使うのですが、当初、パソコンで行われていたハッシュも、次はグラフィックボードを使うようになりました。

しかし、ハッシュでは、実に膨大な計算式を用いらなければならず、通常のコンピューターでは、性能が追い付かず、ハッシュ計算専門の超高性能のコンピューターを開発し、今ではそれが主流になっています。

BIPでは、これらのマイナー達が約3か月毎にブロックサイズの上限を決めています。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
TxIn
ビットコイン用語集
TxInとは「Transaction Input」の略号で、ビットコインの取引で用いられる用語です。 逆はTransaction Outpu...