CPFPとは?

CPFPとは、Childs Pays For Parentの略号です。

ビットコインの取引は、ノード上の誰かによって承認してもらう必要があるのですが、承認者がわざわざ承認してくれるのは一定の報酬があるからです。

しかし、もともとの取引が少額だと承認者の報酬も少額となることから魅力が少なく、なかなか承認してもらえないことがあります。

そのようなときに、その取引の承認によって得られる報酬よりもさらに上乗せして報酬を支払うことにより、早期の承認を促す仕組みがあります。この仕組みのことをCPFPと呼んでいます。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
採掘報酬(コインベース)とは?
ビットコイン用語集
採掘報酬(コインベース)とは、ビットコインの採掘者に対して支払われる報酬です。 ビットコインは、原則すでに発行されているものですが、新規で発...
51%攻撃
ビットコイン用語集
「51%攻撃」とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の弱点とされています。 これは仮想通貨の取引が、簡単に言うと多数決によって成立している...