P2P(ピアツーピア)とは?

ビットコインは、中央銀行のように、その取引を管理する機関が存在するわけではありません。

どうやって整合性を保っているのかというと、ネットワーク上で対等な関係にある端末同士を直接接続して、データをやり取りしています。

そして、その取引履歴はネットワーク上のすべてのコンピューターで管理されることになります。

このメリットは、特定のサーバーを用いているわけではないため、サーバー攻撃をされることがなく安全であるという点です。

銀行や証券会社などは、その管理サーバーを維持するために膨大なコストを支払っていますが、中央銀行がないため、ビットコインはそのようなコストを支払う必要がないのです。

これが、P2P方式を利用することのメリットです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
RIPEMD-160とは?
ビットコイン用語集
RIPEMD-160とは、ビットコイン内で使用されているハッシュ(あるデータを変換して得られる固定長のデータ)のひとつで、使用頻度としてはそ...
トランザクションとは?
ビットコイン用語集
ビットコインの用語のひとつである「トランザクション」とは、一般的に、商取引・売買・執行・取扱・議事録などの意味を持っているソフトウェアの処理...