SPVとは?

SPVとはSimplified Payment Verificationのことで、日本語に訳すと「簡略化された支払いの検証」というような意味になります。

ビットコインの取引でよく使われる言葉なのですが、そもそもビットコインは銀行のような管理者はいません。

しかし、それでもビットコインを使った取引、送金は日常的に行われており、個々の取引は実は全世界のいろいろな人々によって検証されているのです。

検証者にはビットコインの報酬が得られる仕組みがあるので、その報酬目当てに、間違いのない取引かどうかを日々検証している人がいるのです。

しかし、検証には膨大なデータ確認が必要になることもありますので、それを簡略化しようとする仕組みが、すなわちSPVです。

あわせて読みたい記事はこちら
  • bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
    ビットフライヤー
    bitFlyer Lightningのチャート設定方法とは?
  • ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの「トレード損益」が動くのはナゼ?
  • ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
    ビットフライヤー
    ビットフライヤーの入金方法をカンタン解説!(現物・bitFlyer Lightning)
  • ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
    口座開設
    ビットコイン口座開設ならココ!人気の取引所を徹底比較!
おすすめの記事
採掘速度(ハッシュレート)とは?
ビットコイン用語集
採掘速度とは、マイニングを行う際のマシンのスピードを表しています。 hash/sという単位が用いられ、これは1秒間に何ハッシュの計算ができる...
TxIn
ビットコイン用語集
TxInとは「Transaction Input」の略号で、ビットコインの取引で用いられる用語です。 逆はTransaction Outpu...